La Playa

Playaはスペイン語で「ビーチ」だそうです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitterからアメーバなう・mixiボイスに自動投稿してくれるサービス

twitterからアメーバなう・mixiボイスに自動投稿してくれるサービス

twitter2mixi



twitなう というサービスもアメーバなうと連動するけれど、


twitなうの独自画面からつぶやかないといけないので、使い勝手的に前者に軍配!


けれど、時間帯的にサーバのエラー表示になるので、ご注意を!
スポンサーサイト

これおもしろそう

現在、自由大学で講義をしている

ジョン・ムーア氏のサイト

 

A4サイズの畑で一年中サラダが食べられるって、すばらしいじゃあ~りませんか!?

 

どっかのタイミングでいってみたい!

自給自足生活、あこがれる~


Gmailのショートカットみつけたよ~

先日、友達からgmailにショートカットがあるって話を聞いて、

 

 

「とりあえず、gmail上で?押してみ!?

そしたらショートカット一覧が出てくるから!」

 

って、投げっぱなしジャーマンをくらったので、

 

自分でやってみたら、でてきたよん♪

 

gmail上で?を押すと、キーボードショートカット一覧が!

 

いろいろあるから、

 

とりあえず、自分が良く使いそうなものだけピックアップ!

 

 

受信トレイを開く:g→i

 

送信済みトレイを開く:g→s

 

下書きを開く:g→d

 

連絡先を開く:g→c

 

新規メール作成:c

 

検索:/

 

メールを送信:tab→ennter

 

とりあえず、こんなところでしょうか!?


ロジックじゃないもの・・・

この前、仕事の関係で、アダルトサイトの広告屋さんと話をしていて、


アダルト媒体の数字のデータがあてにならないという話になった。


そもそも論として、広告媒体の数字と言うのは、水増しされているのが常だと思って、
かかるようにしているのだけれど、


アダルトの場合、サイト自体のアクセス数を嵩上げしているのは、当然ありうる話として、
PVもシステム的に嵩上げされているのだという。


どういうことかと言うと・・・


例えば、他のサイトへのテキストや画像などのリンクがあって、通常はそれをクリックすると、
リンク先サイトへ飛ぶのだけれど、ありがちなのが、リンク先へ飛ぶまで、同一ドメインのいわゆる騙しページが何ページかあって、何ページか見せられた後で、リンク先にやっとたどり着ける。


男性であれば、必ずこんな経験あるはず。


自分ももちろん・・・。



話を聞いてなるほどなぁ。と。



だから、アダルトの広告媒体を数字で分析しようとしても、
そもそもが、グダグダな数字なので、まともに捉えて計算すると大やけどを負ってしまうと。。


そんな時、頭に浮かんだフレーズは、、、



「ロジックじゃないもの・・・」



そうだ!


ロジックじゃないのね。アダルトは!!




社長に毒霧


新日本プロレス「Circuit2009 NEW JAPAN ALIVE」2戦目となる23日の東京・後楽園ホール大会では、シリーズ最終戦となる12.5愛知県体育館大会に向けて注目の対決が行われた。

 メーンイベントでは名古屋でシングルマッチを行う棚橋弘至とTAJIRI、後藤洋央紀と田中将斗がタッグマッチで前哨激突。田中のテーブルクラッシュで後藤が戦闘不能に陥るアクシデントがあったものの、棚橋がスリングブレイドからのハイフライフローでTAJIRIに完勝を収めた。
 試合後は観客と共に「愛してまーす」と合唱し喜びに沸くも、そのスキに舞い戻ってきたTAJIRIが菅林直樹社長の顔面にグリーンミストを噴射。この狼藉に棚橋は「オレはどんなことも受けるけど、社長とオレの嫁さんには手を出すな」と怒りを爆発させ、名古屋でのリベンジに燃えた。
CHAOSとのシングル4番勝負の最終戦で永田(中)が勝利、青義軍が踏ん張った【前島康人】
プロレスラーのTAJIRIが社長に毒霧を炸裂させたとのこと。

記事を見る限り、再犯らしい。


普通の会社で、社長が話をしている最中に、毒霧なんて・・・

ソッコー、首ですね。


しかも、棚橋のコメントが笑える。

「オレはどんなことも受けるけど、社長とオレの嫁さんには手を出すな」

って。。


ちょっと、ずれてる気が(笑)


だから、プロレスは面白い!


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/2009/2009112302/index.html
 
 今シリーズ全戦で対抗戦が組まれている青義軍vs.CHAOSはシングル4番勝負で対決し、2勝2敗の引き分けとなった。
 青義軍の大将・永田裕志は長州力のまな弟子の石井智宏をヒザ蹴り、ローキックで苦しめ、バックドロップ2連発で快勝し、「絶好調」宣言。
 一方、名古屋で永田の挑戦を受けるIWGPヘビー級王者の中邑真輔は井上亘をエルボー、ヒザ蹴り、平手打ちが乱れ飛ぶ激しい打撃戦の末にボマイェで仕留め、改めて「青義軍て何だ? アイツらにセイギはあるのか?」と、かつて「部活動」「ネタ」呼ばわりした青義軍の存在意義を問いかけた。
 平澤光秀は矢野通の鬼殺しに敗れたものの、スーパー・ストロング・マシンが飯塚高史に反則勝ちを収めていることから、2勝2敗と踏ん張った青義軍に、永田は「昨日の時点では見えなかったものが見えてきた」と、前日のイリミネーションマッチでの黒星スタートから一転、対抗戦にも光明を見出した。 (文・高木裕美)

Top|Next »

HOME

ahora

Author:ahora
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。